So-net無料ブログ作成
検索選択

七夕の夜は素敵に更けて、答は明日の風の中に

先日7月7日、大塚Welcome backにて石橋和子&Go To A-Day「七夕の夜に」Liveがありました。
今回も、皆様お忙しい中、遠くからもたくさんの方にお越し頂き、本当にありがとうございました!
初めてお会いする方達とも常連の方達とも、何かのご縁で、音楽を通して一緒の空間にいられるというのは、
奇跡のように嬉しい事ですね。
天の川をリアルに描ける夜だからこそ、いっそうそんな気持ちになりました。

さて、七夕という事で、久しぶりに笹を買ってお店に持っていったら、
スタッフの皆さんが一緒に素敵な飾りをいっぱい作ってくださいました。
本当に有難い事、嬉しかったです。お世話になりました~。

メンバーも短冊に其々願い事を書いたのですが、偶然似たような内容になり、
3人トータルすると「世界中が明るく、笑顔でいっぱいになり、一人ひとりが幸せになれますように!」という、
音楽を続けるための理由が、そのまま文字になったような気がしました。
カムバック後の音楽活動のテーマが「世界中の武器を花と楽器に」ということで、
歴史的な選挙の前でもあり、多少意識した緊張感の中にも、笹飾りのお陰で、とっても和やかな雰囲気で始まることができました。

お客様の素晴らしいハンドクラップやブルースのレスポンスのご協力もあり、
1部から大いに盛り上がりました。今回初めてチャレンジしたボブディランの「風に吹かれて」も、ホセさんの発想のヒラメキとハナコさんのご機嫌なリズムで私達独自のアレンジでお贈りすることが出来たかなと思います。ご存知の方も多いと思いますが、歌詞は「どれほど犠牲を払ったら気が付くんだい?」と歌う有名な反戦歌ですから、賛否両論あるとは思いつつ、取り上げてみて良かったなと思えた1曲でした。リクエスト頂いた方に感謝です。
2部は、どちらかというと選曲はしっとり目ではありましたが、カリプソ・ソングの大御所でもあり、人権活動家や反戦運動家でもあるハリー・ベラフォンテの曲を2曲お聴きいただきました。ハナコさんの壺の独特の深みと広がりのある音や、シードラムの心洗われるような波の音が染みて来ました。ホセさんは、今回もギターだけでなくハープの新曲もあり、ハートフルなソロにご機嫌なリズム・カッティングにと大活躍でした。七夕の思い出話しコーナーでは、北海道出身のホセさんによると、まるでハロウィンみたいに子ども達がグループで各家を回り、その家の大人達からおやつなどを貰えるという風習があるそうで、子供の夜遊びデビューはこの行事だったとか?なんだか楽しそうですよね。素敵な風習だなと思いました。
バイオリンのミッキーさんがフランスに行ってしまい、3人になって、そろそろ1年ですが、人間的にも音楽的にも包容力のある二人のお陰で、のびのびと歌ってられる事に感謝です。
今年後半も、新曲オリジナルも含め、皆さんに楽しんで頂けるように、益々新たなチャレンジをしていきたいと思います。
次回は、猛夏を越えてやっと涼しくなる頃、9月28日(水)大塚welcome back 「空の彼方に」。
乞うご期待!

七夕の願いは、そろそろその頃には現実に届き始めている事でしょうか。
明日の選挙の行方を案じつつ。最近では早めのご報告でした。(笑)

ついでに、Welcome back のHPからライブレポートもどうぞ。


Welcome back【ライブ・レポート】********************

■7月7日 石橋和子& Go To A-Day~七夕の夜に~
本日は七夕!ということで和子さんが笹を持って来て下さいました!
受付に設置し、みんなで飾り付けしたり、短冊に願いごとを書いたり・・・、そして始まった今夜のステージ。
ホセさんの七夕の歌のインストから始まり、星に願いをとつづく、まるで天の川の流れる夜空を眺めているかのような空間にうっとり。
アップテンポな曲調では手拍子が鳴り響き、ムーディな曲はしっとりと聴かせてくれる、そんな魅力たっぷりなステージで楽しませてくれます。
三人のとても楽しそうな表情にも注目です♪
会場のお客様も一緒にライブを作り上げる、「ごっつえ~で~」な七夕の夜。
皆様の願い事が空に届きますように。。。

∬今夜の演奏曲目

¶ 第一部
七夕
星に願いを
Mystery Train
恋に消えても
Star dust
ケサラ
♪bestplay/風に吹かれて
モッキンポットブルース
Shaky ground
さよなら

¶ 第二部
Nice yo meet you!
Save the last dance for me
コロラドの月
十六月
さらばジャマイカ
陽の当たる島
明日にかける橋
The Dock of the bay
ほほえみの明日へ

¶ アンコール
you are my sunshine
stand by me



***********************

★2016年9月28日(水)大塚Welcome back

石橋和子&Go To A-Day「空のかなたへ」


出演:石橋和子(P.Vo)

    ホセ有海(G.Vo)

    加藤華子(Per.Vo)


開場 18:30 開演 19:00

入場料\3500(ドリンク別)

(music charge¥3000+table charge¥500)

場所:「Welcome back 」http://www/welcomeback.jp

東京都豊島区南大塚 3-44-11フサカビルB1。

  Tel &Fax: 03-5957-5141




明日「七夕の夜に」!

今年も、あっと言う間に半年が過ぎ、慌しい日常は益々加速している様ですが、
皆様お元気でお過ごしでしょうか?
さて前回の4月ライブの翌日、熊本で大きな地震がありました。
その後の大雨で、益々深刻な被害が続いているようですが、全く気が気でありません。
東北の被災者の方達の生活も安定しない内に、こんな事が起こるなんて!
いつの間にか日本国内だけでなく、
世界を見渡しても、益々、まったく信じられない現実がアチコチで起こっている気がします。

いったい何処まで被害が広がるのか、見当もつきませんが、
何より被害に合われた方達の、一日も早いご快復を、ひたすら心から祈るばかりです。
こんな時、いったい私に何が出来るだろうかと、無力感で惨めな気持ちになりますが、
その分よけいに、直接間接いろんな形で救助や支援に参加された方達に、感謝と敬意を表したいと思います。

5年前、東北で大地震があった時も、其々が其々の先を案じながらも、
全国的に、分け合い助け合う気持ちが広まったのは、暗闇に希望の光を見た思いでした。
お互いを察しあい譲り合う日本人を、外国メディアが驚きの目で発信した事を、
少し意外に思いながらも、誇らしく思ったものでした。

特別意識したことはなかったけれど、私達日本人には、
何か強くて柔らかい気持ちが共通にあるのかもしれません。
戦後の焼け野原から経済大国に建ち上がったのは、
世界から見ると、やはり特別奇跡的なことなのかもしれませんね。

だからといって、もう2度と戦争はゴメンですが、
目前の憲法改正がかかった選挙には、今迄にない多くの人が注目しているようです。

戦争中は、ラブソングも歌えなかったそうで、
音楽を自由に発せられる今の時代を、あらためて大事にしなくてはと思います。
平和憲法が出来て70年。
先人達の平和を希求する思いを受け継ぎながら、
誰もが幸せになる権利があることを忘れないでいたいと思います。

明日は七夕。
駅ビルやスーパーの笹飾りに下げられた色とりどりの短冊には、
子ども達の夢がたくさん書かれていました。
「ケーキ屋さんになりたい!」
「サッカー選手になれますように!」等のほか、
「ママとおばあちゃんちにいく!」夏休みの里帰りかな。
「ぜったい、いちばんになる!」勉強かスポーツかわかりませんが、
その子の良さに磨きをかけたオンリー・ワンになって欲しいなと思いました。

さて、明日はGo To A-Dayのライブもあります。
たくさんの祈りや願いが星空に放たれる夜、
私達もラブソングで、平和の祈りを届けたいと思います。

場所は、いつものように、大塚Welcome back。
お近くにおいでの方は是非!
ある意味この時期にふさわしいボブディランの曲を、
えっ?というアレンジで、初めてチャレンジ致します。

ご一緒に楽しんで頂ければ嬉しい限りです。
Go To A-Dayメンバー一同お待ちしていま~す!

大人も子供も、元気な人もそうでない人も、お金のある人もない人も、
世界中の一人一人が幸せになれますように!


★2016年 7 月7 日(木)Welcome back


石橋和子&Go To A-Day~七夕の夜に~

出演:石橋和子(P.Vo)

    ホセ有海(G.Vo)

    加藤華子(Per.Vo)

      

時間:18:30 開場 19:00開演

入場料:¥3500 ・ドリンク別

(music charge¥3000+table charge¥500)

場所:大塚Welcome back http://www/welcomeback.jp

東京都豊島区南大塚 3-44-11フサカビルB1

    Tel &Fax: 03-5957-5141

E-mail: entry@welcomeback.jp

メッセージを送る