So-net無料ブログ作成

「秋のささやき」が聞こえる夜

先週10月5日は、大塚Welcome backで石橋和子&Go To A-Dayのライブ「秋のささやき」がありました。お忙しいところ、寒い中、沢山の方にお越し頂き、本当にありがとうございました!
あの日は急に寒くなり、急いで厚手のコートを出したのですが、その後、真夏のような暑さが戻り、今週後半から、またガタッと寒くなるという、相変わらずメチャクチャな天気が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?渡る風に「秋のささやき」が聞こえたと思ったら、もうそこにはいないという、まあ本来そういう季節なのかもしれませんね。

さて前日4日は仲秋の名月でしたが、雲が多くて見損ねた方も多かったかもしれません。今年は旧暦の8月15日が、月の周期では十三夜にあたったようで、仲秋の名月が満月ではなかったようです。
私は、たまたま夜中に、すっかり綺麗な姿を現した月に遭遇して、暫く見惚れておりました。月や星は、見ているだけで心が落ち着きますね。青空や、海や草原もそうですが。視界が広いと心も広くなるような気がします。あ、月の場合は、窓の隙間からチラッと見えただけでも嬉しくなりますが。(笑)

ライブでは、月にちなんで、オリジナルの「十六夜」と、アメリカ民謡の「コロラドの月」を聴いて頂きました。ちなみに「コロラド」とはスペイン語で「赤みを帯びた」の意味らしく、コロラド川が山岳部から運ぶ赤い泥を表していて、州名にもなったそうです。「赤い川」も夜には黒くなり、銀色の月の光をキラキラ反射させている事でしょうか。

今回取り上げたビッグアーティスト・コーナーは、スティービーワンダーでしたが、前回ご紹介した「太陽の当たる場所」以外に、「心の愛」にも初挑戦しました。若い頃、よく聞こえていた曲ではありますが、ワリとシンプルかと思いきや、歌ってみると独特の節回しとコード展開で、今回もなかなかの難曲でありました。一部で「懐かしい!」と喜んで頂けたようで良かったです。

秋の歌の中に、唱歌「もみじ」を今年初めて加えました。明治44年(1911年)に作られ、100年以上も変わらぬ里山の紅葉の美しさが思い浮かんできて、改めて良い曲だなと思いました。Go To A-Day独特のアレンジに、印象に残った方もいらしたようで嬉しかったです。

実は今回、初めてピアノ曲にも挑戦しました。フランスのピアニスト、リチャード・クレイダーマンのアルバムに、「秋のささやき」と言うタイトルのLPがあるのですが、彼のヒット曲となった「渚のアデリーヌ」をお聴きいただきました。何でまたと思われたかもしれませんが、実は、私もカムバックしてから、ビクターの方からお聞きして驚いたのですが、彼と私は同じ頃にビクターからデビューしていたのでした。

私のデビュー曲「Nice To Meet You!」は、日本交通公社(現在のJTB)海外ブランド「ルックハワイ」のコマーシャルソングになりましたが、リチャードクレイダーマンの曲も、当時よく流れていたのを覚えていました。それもそのはず、ビクターが同じ時期に同業の阪急交通社とタイアップしていたアーティストが、クレイダーマンだそうでした。同じ業種で、邦楽と洋楽の両方のタイアップがあったとは驚きです。しかも当時は、違う業種とのタイアップは珍しい事だったらしく、画期的なことだったそうでした。ずいぶん大掛かりな企画だったようなのですが、そんな事とは知らず、今思えば、「テレビには出たくない。」とか「売れ専の曲は書きたくない。」だとか、偉そうに、我儘ばかり言っていた自分が恥ずかしい限りです。その場所に至るまで、沢山の方達が関わって支えて下さっていた事に気が付かなかったのですから。ただ、若気の至りかも知れませんが、単純に、ディレクターの「売れるのが良いレコード!」という言い方に抵抗していた事もありました。本当に「なりたい自分」ではない「誰か」に、有無を言わさず大きな力で作られていく恐さを感じていたのかもしれません。とはいえ、3枚目のアルバム制作のミーティングの途中で飛び出したまま、その後の記憶が無いというのも、迷惑千万なヤツに違いありません。いやはや、それにもかかわらず、未だに応援してくださる元ビクターの方達に心から感謝する次第です。組織の中にもいろんな人がいて、いろんな繋がりがあると言うことでしょうか。本当に有難いご縁に感謝です。ライブでは、「渚のアデリーヌ」の後に続けて、心をこめて「Nice To Meet You!」を歌わせていただきました。

さて、ご縁と繋がりといえば、先月の徳島ライブを経験して、益々バンドの結束も高まった様な気がしました。ホセさんのギターとハナコさんのパーカッションに対する絶対的安心感というか、ハプニングも含めた楽しさを益々感じています。新曲のコーラスも、いつも何とか形にしてくれる彼らに感謝です。

次回は12月6日「サンタはハートにやってくる!2017!!」

今年最後のGo To A-Dayライブを、今年最高のライブとして、皆様ご一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです!乞うご期待!!


===============================

2017年12月6日(水)大塚「Welcome back」


石橋和子&Go To A-Day 


「サンタはハートにやってくる!2017!!」


出演:石橋和子(Pf.Vo)

    ホセ有海(Gt.Vo)

    加藤華子(Per.Vo)


開場 18:30 開演 19:00

入場料:¥3500 (ドリンク別)

(music charge¥3000+table charge¥500)


場所:「Welcome back 」http://www/welcomeback.jp

東京都豊島区南大塚 3-44-11フサカビルB1。

  Tel &Fax: 03-5957-5141

===========================
メッセージを送る