So-net無料ブログ作成

10月5日(木)石橋和子&Go To A-Day 「秋のささやき」


金木犀の香りが漂い、急に秋らしいお天気になってきましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
前回のブログでもご紹介しましたが、今週5日木曜日、大塚welcome backで、石橋和子&Go To A-Dayのライブがあります。
ライブタイトルは「秋のささやき」。まだまだ暑いと思っていたら、ぴったりの季節になってきました。
今年は、毎回ビッグアーティストの有名曲にチャレンジするコーナーを続けてきましたが、
今回も、新しい曲にチャレンジします。

さて今回、取り上げるビッグアーティストは、
12歳でデビューして、13歳でビルボード・ヒットチャート1位を獲得したスーパースターのあの方です。
この記録は、現在でも史上最年少の記録だそうです。
もちろん現在も活躍中ですが、デビューが早かった為、キャリアとしてはビートルズと同等の長さを誇るということです。グラミー賞の数もハンパないけれど、日本のCMにも出演したことがあります。
さあ、もうお分かりでしょうか?

きっと皆さんも、一度はお聞きになった事があるかと思いますが、シンセサイザーを効かしたリズムに、ポップなメロディーを独特の声で歌い上げる曲調は、彼特有の世界です。
なんだか高度成長期を感じる音だけど、詞は逆に今でも響いてくるものがあります。

Go To A-Dayの3人で取り組むには,チョッと音数が少なすぎてアレンジが難しいけど、曲の楽しさや詞の意味が少しでも伝わると良いなと思います。

「誇りまみれの古い道のように 
旅を続ける僕の心も疲れ果てている
それでも進むんだ まだ先へ

この疲れきって問題だらけの地球のように
僕は生まれた時から夢中で歩き続けてきた
それでも進むんだ 先へ先へと

太陽が当たる場所は必ずあるのさ
そこには全ての人の希望があるんだ

太陽が当たる場所が必ずあるのさ
僕の命が尽きる前に 
太陽の当たる場所を見つけるんだ」
 
ー太陽の当たる場所ー


さて太陽の当たる場所は 何処にあるのでしょう。
太陽を隠す雲さえ掃えば、そこらじゅう全てのものに分け隔てなく、
太陽の光と温もりは届くはずですよね。
そんな時代が、いよいよ来ようとしているような気がします。
希望は、どこかの政党の名前ではなく、
一人ひとりの心の中に、ずっと前から隠れていたのではないかと思ったり。。

もう直ぐ太陽がみんなの前に出てくる。
そんな予感がしてくるのは、
秋晴れの青空がまぶしかったからでしょうか。

ところでスーパースターの名前は、Stevie Wonderでした。
ちなみに、この曲はロン・ミラーとブライアン・ウェルズという、
モータウンレコード所属の、黒人系ではないソングライターの作品だそうです。

音楽は、いろんな事を教えてくれますね。
いつものように、皆さんと一緒に音楽を楽しめたら嬉しいです。
メンバー一同、皆様のお越しをお待ちしていま~す。

========================

★2017年10月5日(木)大塚「Welcome back」

石橋和子&Go To A-Day 

「秋のささやき」


出演:石橋和子(Pf.Vo)

    ホセ有海(Gt.Vo)

    加藤華子(Per.Vo)



開場 18:30 開演 19:00

入場料:¥3500 (ドリンク別)
(music charge¥3000+table charge¥500)

場所:「Welcome back 」http://www/welcomeback.jp
    東京都豊島区南大塚 3-44-11フサカビルB1。
    Tel &Fax: 03-5957-5141



=======================



メッセージを送る