So-net無料ブログ作成

思いは空のかなたへ

秋分の日が過ぎ、秋雨前線が活発な日が続きますが、そろそろお日様が恋しいですね。
今年は台風の当たり年だそうで、沖縄や九州四国地方だけでなく、
北海道や東北まで、アチコチに被害を及ぼしているようです。
皆様の地域では、大丈夫だったでしょうか?
被害にあわれた方達に、心からお見舞い申し上げます。

四国の徳島で育った私は、その怖さを充分知っていますが、
少し不謹慎かもしれないけれど、大人たちの心配や苦労をよそに、
子供達にとっては非日常的楽しみというか、
チョッと冒険的なワクワク感があった事も覚えています。

毎年必ず一度はあった事ですが、
大雨の中、学校に着いたものの、
案の定、大雨警報が出て生徒達は家へ帰されることになると、
朝から待機していた父親が車で迎えに来てくれました。
姉妹や、ご近所の友達も一緒に乗り合いで帰るのですが、
たいていは定員オーバーのギュウギュウ詰めで、それが楽しくてキャアキャアはしゃいでいました。
道路には川から水が溢れ、フナや鯉がピチピチ跳ねていたり、
小さな坂道は滝のように水が流れ、水しぶきを上げて走る対向車に窓ガラスをバシャッと叩きつけられたり。
いつもの風景と一変した様子に、興奮したものでした。

家に帰れば、蝋燭や懐中電灯が用意してあって、
今度は2段ベッドを毛布で囲って、停電でもないのに昼真っから真っ暗にし、
懐中電灯を顎に当てて「ひっひっひ。」と悪者笑いをしてみたり、
非常食用の乾パンやビスケットを、早々と食べて叱られたり。

似たような経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、
今思えば、家が飛ばされたり流されたりしなくて、本当にラッキーだったと思います。

それから少し大きくなった高校の頃、
大好きだった古典の先生の息子さんが、増水した川を見に行って流された事を知り、
初めて台風の恐ろしさをリアルに感じました。

その後、東京に移り住んでからは、徳島ほどの強風はないにしろ、台風は怖いものとして警戒するようになりました。
ですから、台風の近づく中、わざわざ空いてるからとディズニーランドに出かける人を、白い目で見ていたものです。

ある年の秋、九州の実家が造り酒屋をしているという人から、
「台風は毎年、木をなぎ倒したり洪水を起したりするけれど、
そのお陰で肥沃な土地が出来、良い米が出来、良い水が湧き出し、良い酒が出来る。」と聞いて、驚いた事がありました。
「人智を超えた自然には畏敬の念を失わず、感謝して、共存する道を大事にする事だ。」と。

この頃は、まだ自然が、人間の出すゴミを浄化してくれる余裕があったのかもしれませんが、
人工的なダムの賛否が問われた時代、この一言は、いろんな事を考えさせてくれました。

それにしても昨今の極端な異常気象は、自然の方が、人間との共存を拒否し始めたのかもしれません。
そう思うと、私もアレヤコレヤ反省する生活ではありますが、
改めて、恵みの雨や、お日様に感謝したいと思います。

さて台風一過の青空は、もちろんの事、
天高く吸い込まれるような秋の空は、
見上げると、
どんなに落ち込んでいても、一瞬で元気にしてくれる気がします。
音楽にも、そんな力があると信じているのですが、
そんな音楽を届けられたら嬉しいなと思います。

遅くなりましたが、次回のライブのお知らせです。
今回も、元気が出る新曲カバーに挑戦しま~す!

来週水曜日、心にも青空が見えるとイイな。


★2016年9月28日(水)大塚Welcome back



石橋和子&Go To A-Day「空のかなたへ」



出演:石橋和子(P.Vo)

    ホセ有海(G.Vo)

    加藤華子(Per.Vo)



開場 18:30 開演 19:00

入場料:3500(ドリンク別)

(music charge¥3000+table charge¥500)



場所:「Welcome back 」http://www/welcomeback.jp

東京都豊島区南大塚 3-44-11フサカビルB1。

  Tel &Fax: 03-5957-5141


メッセージを送る